避妊の理由

避妊とは、技術や方法、避妊具などの道具、避妊薬などの医薬品、手術などなんらかの手段を用い、受精もしくは受精卵の着床を妨げて、妊娠を避けることの総称です。
人間は生殖のためだけでなく、愛情表現としてもセックスを行う。人間の性交の目的は、性器の結合や射精・オーガズムなどの官能的快楽の欲求を満たすためだけに行う場合が、最も多いとされている。ただ、倫理的・経済的・社会的理由から無制限な妊娠・出産は負担が多いため、妊娠を避けながら性行為を行う手段として、「避妊」が必要とされています。
1960年代のはじめくらいまでは、避妊の理由のトッフは「生活が苦しいから」でした。しかし、70年代に入ると、「母体の健康を守るため」がトッフになります。そして、そのころから「自分の生活を楽しみだいから」という理由が徐々に増えてきます。
最近の総理府の調査でも、「子育て以外にも時間を使いだいことがあるから」と、20%の人が答えています。時代とともに女性の意識が高くなり、子どち 中心の生活から脱却し、精神的にも経済的にも自立しようとする傾向が強くなっているといえます。
IUDの避妊の成功率は98%とたいへん高くなっています。
もっとも妊娠しやすい時期に、殺精子剤を併用するか、パートナーにコンドームをつけてもらうかすれば、まず確実です。
ただし、IUD挿入後、はじめの3か月くらいはほかの避妊法を併用したほうがよいでしよう。 知らないうちにIUDが抜け落ちるのは、ほとんどこの時期だからです。